上五島ってどんな島


1. 長崎県に浮かぶ7つの有人島と60の無人島からなる島

  • 新上五島町は長崎県の最西端、五島列島の北部に位置しています。
  • 中通島や若松島、頭ケ島などの7つの有人島と60もの無人島で構成されています。
  • 大部分が西海国立公園に指定されており、リアス式海岸や水平線、夕日など様々な自然を見る事が出来ます。

 

2. 29もの教会が点在する祈りの島

  • 上五島には実に29もの教会があります。
  • その中の一つ、頭ヶ島教会は長崎の世界遺産候補の一つとなっています。
    • 頭ヶ島教会は西日本で唯一の石造の教会で、1919年に10年の歳月を経て完成した教会です。
  • 12月には、チャーチウィークin上五島が開催され、ライトアップされた教会でコンサートが行われます。

3. 上五島のデータ

  • 人口 20,730人(平成27年8月1日 現在)
  • 面積 2013.97平方キロメートル
  • 位置 長崎港から西におよそ80km
  •    佐世保港から西におよそ60km

4. 上五島へのアクセス

上五島に来るには、船で来島する事が出来ます。

上五島にはターミナルが複数あり、航路も、長崎・佐世保・福岡・福江と多岐に渡ります。

そのため、初めて来る方にとっては多少分かりづらいかも知れません。